月別アーカイブ: 2014年6月

ラッピー

先日、広島で図書館に立ち寄りました。とても広々としていて気持ちのよいところです。その日は結構な雨。人もまばらで、利用者の方は私以外に二人位でした。

誰もいないはずの一番奥の大きなテーブルの席について「ふーっ」と一息ついたときに、気がつきました。

あれ、同じテーブルに誰かいる。

怪しい白い影、、、、そこにいるのは誰!!

写真-2

モグラ?トナカイ?  なんともユニークな出で立ちです。

とても気になったので受付の人に尋ねたところ、広島国際アニメーションフェスティバルという催しの大会マスコットキャラクターだとのこと。種別、性別、年齢不明の生き物で、LOVE and PEACE、ハッピーの言葉にちなんで「ラッピー」と名づけられたと教えてくださいました。

うーむ。じっと見ているとなんだか癒されます。。。。ラッピー!また会いにこよう。

舞台袖

舞台袖

舞台に出る直前、演奏者が見る風景です。

ステージマネージャーの合図で一斉に舞台に出ます。

ライトの下に立ったら、今日はどんな気持ちになるだろう。お客様は、楽しんで下さるだろうか。。

期待と不安を抱えながら、じっと見つめる風景です。

三次

unnamed unnamed (1)6月22日

広島県の三次という場所でのコンサートでした。三次は広島駅から見ると北東に位置し、島根県寄りにあります。 緑が深く、山に雲がかる雄大な風景を眺めながら会場に向かいました。

今回演奏させて頂いた三次文化会館は、立てられてから40年以上の歴史ある建物です。もうすぐ閉館になるそうで、ありがとうの気持ちを込めた演奏会になりました。ちなみに、ここでのこけら落とし公演では、広響によるドヴォルザークの新世界が演奏されたそうです。

前半はフンパーティングのヘンゼルとグレーテル序曲で幕開け、まるでおとぎ話の絵本に吸い込まれるような曲です。その後、地元の皆様の合唱で 「花は咲く」を共演させて頂きました。小さな小学生から大人まですばらしい声で歌って下さって、会場にいる人の心が一つになったようで、弾きながら涙が出そうになりました。最後はこのホールで最初に演奏されたという、新世界を演奏させて頂きました。

記念すべき演奏会に立ち会えて、とても嬉しく感じました。

 

広島スタート!

蔵川るみです。
広島でのお仕事がスタートしました。
広響の練習場は、平和記念公園のすぐ側です。
その前を走る平和大通りは、夏には屋台が出たり、冬は沢山のイルミネーションで輝きます。冬に来た時、紅葉の形のイルミネーションが印象的でした。
タクシーに乗ると、大抵の運転手さんは気さくで、柔らかい広島弁で街のことを教えてくれます。

街を走る広電、広響のマーク入りの電車を発見!!。街の皆さんが広響を知ってくださっています。
広島といえば、カープ、サンフレッチェ、広響!です。

 

 

お知らせ

この度2014年6月より、広島交響楽団でコンサートミストレスとして活動させて頂く運びとなりました。
日本センチュリー交響楽団、在籍中、温かく応援して下さいました方々に、深く感謝を致しております。 新たな場所で、勉強を積み、様々なことに挑戦して行きたいと考えておりますので、今後もどうぞ宜しくお願い致します。