本番

image-7

 

実際のピットです。今回は深めだったので、私の席からはお客様がほとんど見えなかったのですが、楽しんで頂いている気配を感じながら演奏させて頂きました。実はこの床の部分は、普段は歌手が歌っているのと同じ高さで、普通の舞台なのですが、オペラをやるときにはこの部分だけ高さを下げることが出来るのです。本来、コンサートマスターは表(右側)に座りますが、すぐ横が壁で音が客席に通りにくい為、今回はサイドの席の方と場所を交換しての本番になりました。同じ理由で時々、セカンドバイオリンとにファーストバイオリンの位置を交換する場合もあります。

休憩中はお客様が覗き込んでくださいます。ちょっとだけ動物園のくまさん?の気分笑