アパラチアの春

先日、日本センチュリー交響楽団のコンサートを聴きに行きました。

9月に、広響のディスカバリーシリーズで演奏させて頂く曲目がプログラムに入っていたからです。コープランドのアパラチアの春という曲です。演奏機会の少ない曲なので、生で勉強できるなんて、とても幸運でした。霧がかかったように神秘的な音の中で確かに何かが動き始めている予感がするように始まります。バレエの為に書かれた曲ですが、音で光を表現しているような気がしました。いかにその情景をお客様に伝えるか、実践するのはとても難しい課題だと思いました。

客席でコンサートを聴くのはとてもいい勉強になります。舞台の上にいるだけではわからないことが沢山あることに気づかされます。

演奏会後ロビーに出てきてくださった団員の方にお会いして、曲の感想や、大変だったところなど伺いました。職場は違っても同じオケマン、大切な仲間です。写真は高校からの同級生の奏ちゃん。ヴィオラの首席奏者です。オケではずっと指揮者を挟んで向かいあわせに座って演奏する姿を見てきましたが、辛いとき、悩んでいるとき、何度も勇気を貰いました。

さあ、今週は広響定期デビューです。

写真-3